カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山陰へ

2007年11月17日 13:37


今回はバイクじゃなくクルマを使って家族で山陰方面へ温泉ツーリング。

早朝に家を出発し、六甲山へ向う。
チョットだけ、裏六甲を攻めて・・・・
北部は天候がイマイチで、最初の目的地である「天橋立」の眺望は絶望的。
諦めて通過しようとしたところ、現地で一瞬の晴れ間が。

これはチャンス!とばかりにリフトで上がる。景色を楽しみ又覗きで見たり。
観光客がゾロゾロ上がって来るのを横目にリフトで下る。
これが大正解だったようで、下りて喫茶店に入ると容赦の無い豪雨に見舞われる。
今度は「あられ」から「ひょう」に変化。忙しい天候でした。

ここ若狭湾は穏やかでしたが、丹後半島を回っていくと日本海へ。
物凄い荒れ模様。TVでは良くみるものの、実際この目でみてみると、その迫力に圧倒され、感動的でもありました。
大雨で外に出られず、写真が無いのが残念ですが。

宿は兵庫県北西部の湯村温泉。
DSC00380.jpg
ここは屋上の貸切露天風呂。
大雨の中、風呂に突入。冷たい雨の中、露天風呂ってのもGood!
ぼ????っと、一日の疲れを癒す。
湯上りにサービスで出してくれた生ビールがヒジョーに旨かった。
この後は宿に来て一番の楽しみ?の夕食で舌鼓。

DSC00316s.jpg
部屋に露天風呂が付いていて、思いっきり楽しませて頂きました。
夜3湯、目覚めに1湯、出発直前に1湯。

次の日は鳥取砂丘へ。その後兵庫県に戻り、もうすぐ見られなくなるJR山陰線の「余部鉄橋」へ
DSC00447s.jpg
なんと地上41メートル。まぁ巨大な鉄橋だこと。
まさか明治時代に作られたモノだとは・・・・

日本海沿いを舐める様にナビの案内など無視しっぱなしで、自分で道を選択しながら進む。
信号もクルマも少なく、快適なワインディングがずっと続く。
ココは是非今度バイクで走りたい。
DSC00431.jpg
今度はMTで来るぞー。

DSC00404.jpg
帰りに出石で皿そばを。

総走行距離794km
平均燃費8.8km/L
スポンサーサイト


コメント

  1. kazuzou | URL | -

    どうも始めまして。同じく四国のMT乗りです。ここ2年ほど乗ってますが、今まで四国内で2回しかMTを見たことがありません。たまたまブログを拝見して、よく見たことがある場所があったもので、コメントしま~す。またどこかでお会いするかもしれませんね。ときどきのぞかせてください。お気に入りブログに登録させていただきます。

  2. Gang!! | URL | 7y1.FrNg

    kazuzouさん、はじめまして。

    ブログ、拝見させて頂きました。
    四国の方だったんですね^^
    また四国内で、おすすめツーリングルートなどあれば、教えてください~。
    リンク貼っておきますので、また遊びに来て下さいね。よろしくです^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stgang.blog66.fc2.com/tb.php/97-6735c3d2
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。