カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW R1200STに乗ってみた

2007年07月06日 12:41

20070706121547.jpg
MT-01が納車された日、慣らしツーリングに付き合って貰ったK下氏が
「フラットツイン、乗ってみる?」と。

前から興味があったので、乗せてもらうことに。
昔、叔父が「R100RS」を所有していたので乗せてもらった事がありました。

その時の印象は「なんと振動が凄いバイク」だと思っていました。
アクセル捻れば傾くし、クセがあって個性的なバイクだなぁ。
大きなカウリング内部は時計やら電圧計やらメーターがいっぱい並んでいたような。
今思えば、手にガンガン伝わってくる振動も味だったのでしょうね。
それから進化し続けてR1200ST。どれぐらい変わったのか?

現代のバランサー装備のエンジンは始動した瞬間から違ってました。
パルス感を伴ったマッタリした吹け。似ているのは、この辺りの感じだけでしょうか。
走り出しから振動も感じず、やたらスムーズに吹けていきます。
が、スロットルを開けて身体に感じる加速感はグッツィV11の方が上かな?

感心と言うか驚いたのは、そのポジション。
何気なくシートに座り、手を下ろせばそこにハンドルがある・・・みたいな
これぞ「自然なポジション」。
ウインドプロテクションも文句なし。こりゃ疲れんわ。さすがツアラー。

思ったよりコーナーアプローチからのリーンも軽く、バンク角も深そう。
エンジンのヘッドが擦る事なんか気にしなくて大丈夫でしょう。
サーキットで攻めない限り擦る事は無いとの事。
気になったのは、ちょっとブレーキレバーのストロークが多いかな?
ラジアルマスターに慣れているせいか、ストローク少なめで
指1本か2本の加減だけでコントロール出来るほうが好みです。

テレレバーと言う特殊なフロントサス。
言われてみて、そうだっけ?って位、違和感無かったです。

一人で長距離に出かけたくなるバイクですね。
完成度の高いバイクと言うのが印象的でした。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://stgang.blog66.fc2.com/tb.php/68-aff69ac1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。