カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EXUP

2009年07月18日 21:27


YAMAHA独自の排気デバイス、EXUPシステム。
低速では絞ってトルクを稼ぎ、高回転では開放してとか言うアレですね。
要するに排気のヌケを低回転で悪く(絞って)低速トルクを稼ぐんだとか。

MT-01って、1700ccのVツインエンジン。
低回転のトルクなんてモリモリあって、こんなシステムで低速トルクを
稼ぐ必要なんてあるのかな?って思っていました。

買ってから、ず????っと気になっていました。
ただ、面倒なので触らなかっただけ。
暇だったので、EXUPをキャンセルしてみました。

DSC03578.jpg
早速バラシ作業。
やってみれば、非常に簡単。
DSC03579.jpg
この後ワイヤーを外す。

DSC03581.jpg
EXUPのバルブも、ついでにバラシてみました。
DSC03582.jpg
ふーん、なるほど。
バルブ全開でも多少は排気抵抗になっているんでしょうねー
で、バルブ全開と全閉でのエンジン音の違いを検証。

「閉めると、やっぱ静か。」
「開けると、やっぱ音量が増える感じ。」大きくなると言うより増える感じ。
開けた時の方が、音は大排気量の空冷Vツインらしいかな?

DSC03584.jpg
では、全開位置で固定。簡単に針金で縛っておく。

DSC03586.jpg
引っ掛からないよーに適当に固定。

少し走ってみて。
フィーリングの違いなんて、全く分かんないっす。
低速弱くなる?と思いきや、全く関係なしっぽい。
音が元気良くなったので、私的にはOKです。このまま行きます。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://stgang.blog66.fc2.com/tb.php/220-2a06af31
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。