カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETC?試練のツーリング?

2006年05月21日 23:37

本日ツーリングを兼ねてETCのテストを行いました。
行き先は、Y川氏の希望である「しまなみ海道」。
私は、Z1000のM君と先月行ったばかり。とは言え、いつものメンバーと行くのは初めて・・・う?ん。まぁ、目的が違うからいいか。

朝6:00に集合。
今日の行程は、ほぼ100%高速道路ツーリング。
また、気温が高くなる事を見込んで、メッシュジャケット+インナー、カントリージーンズの組み合わせで行く事にした。
気温16℃。徳島市街を抜け、徳島道へ入る。

さて、ETC。
ちゃんとゲート通過出来るんだろうか。
ゆっくりと徳島ICのETCレーンへ進入・・・・・「パカッ」
おっ、開いた開いた!やったね。
気分を良くして快調に飛ばす。飛ばしに飛ばす。全開モード!

ほどなく吉野川SAで休憩タイム。
吉野川SA

ゆっくり休憩を取り、再出発。
少し高めの巡航速度を維持しながら、今度は松山道の石鎚SAで休憩。
旧車軍団?が、たくさん居て、爆音を轟かせていたっけ。
「フォンフォーフォンフォーフォンフォンフォンフォー」と街中で良く聞くようなリズムだったし。

一応、「しまなみ海道」について打ち合わせ?をしておく。
先月、行った時は島ごとに降りて一般国道を走ったりで面倒だった。
5月より、全線開通。一度も降りなくとも尾道へ行けるのだ。
・・・でも私だけは今回も、ある事情で一度国道へ降りたけどね(笑)

小松JCTから今治方面へ向かう。気温も上がってきて、非常に気持ちの良いツーリングだねぇ・・・・と。
終点今治湯浦ICで降りる。ETCレーンへ・・・「パッカッ!」と、徳島ICより元気の良い開き方をするゲートだった。
ここから少し国道196号線を走り、「しまなみ海道」の今治ICへ。

当然、ETCレーンへ進入。
・・・・・・・ありゃ?・・・・・・・・閉じたままのゲート。
いやぁ、そんなハズは・・・さっきの今治湯浦IC出口は開いたっけ?
うん、開いた。確かに開いたッス・・・
ってか、止まれって(笑)
考えながら走り続けた・・・私が通過した時、なんであの狭いスキマを抜けられたか。抜けられるわけないよなー。うん。開いたから通れたんだよな?と、勝手に勘違いという事にしておく。
とりあえず、次の来島SAで休憩。

どうするか。
う?む、困ったぞ。認識してなかったら出口でもゲートは開かないハズ。そうなった時、無理に通過すると「踏み倒し」で完全に犯罪だ。
そんな事をしにツーリングに来たワケじゃないっ。

そこへ「道路パト」が、やってきた。
私を追いかけてきたワケじゃない(笑)
「あの?ちょっといいですか?」と声を掛けてみた。
事情を説明。てっきり「あ?二輪でETC?ホラ見ろ!勝手な事されたら困るんだよ!」と罵られるかと思いきや、丁寧な対応で「そうでしたか。では、連絡して見ます」と無線でドコかと交信。で、「出口ICで一般レーンに入って、ETCカード見せて事情を説明して下さい。でわっ、お気を付けて」との事。何で二輪でETCとか、一切聞かれなかった・・・
で、しまなみ海道の終点、向島料金所は通過する交通量も多く、こんな事で迷惑かけられんと思い、今居る来島SAの次の大島南ICで一旦降りる事にした。
後の2人には、先のPAで待っててと別れ、一人旅に出た。

来島海峡大橋を渡って大島南ICで一般レーンに。
料金所のお兄さんに事情を説明。「へぇ、車載機付けてるんですか?」と、フレンドリーな対応。スグに分かってくれてICを出る。
速攻Uターン。ETCカードを車載機にセットし、ある事に気付く。
「昨日、取り付けたETCアンテナの角度が違うような・・・?」
振動で緩んで角度が変わっちゃったかな?と、思って、少し手直し。
うん、こんな感じだったハズ。これでOKだろう・・・

2人を待たせているので・・・と焦ってたんだろうと思う。
大島と生口島は、四国方面と本州方面と行き先によってICが違う所にある事を忘れてた。
降りてきたICを逆戻りし、ETCレーンへ進入・・・・
「スパコン」と開く。わははは。見たか!ゲートめ!今のアンテナ角度を覚えておこう。角度が動いてたら治せば良い。これで安心だっ。
と、喜んだのも束の間。今治方面しか本線合流出来ない・・・・あちゃ?。
また、来島海峡大橋を渡り、今度は最寄の「今治北IC」で降りる。
今度もETCゲートは「スッパリ」と開く。
料金所を出てUターン。すぐETCレーンへ入る。もちろんOK。
本線に合流し、先に行った2人を追いかける。飛ばしに飛ばす。
指定したPAで合流する予定だけど、いつまで経っても、そのPAが現れない。も、もしかして・・・うわぁ、四国方面車線専用のPAだった!
そら、無いわな。気が付いてからのPAはすべてチェック。
2つ目のPAでY川氏と合流。K下氏は向島料金所で待機しているとの事。
向島IC


待たせてゴメンねぇ・・・・は・・はは・・

3人揃った所で、この先の打ち合わせ。
尾道でゴハン食べる事にした。尾道ラーメンは?決定!
尾道で美味しいラーメンと言えば「朱華園」
行列の出来るラーメン屋。一度食べて見たかった。

前日にネットの地図で覚えていたので、なんとなく感覚で尾道市街を走る。あった!「朱華園」。すでに客が並んでる?
朱華園

店の横にバイクを止め、並ぶ。
客の回転が結構早いので、10分ほどで席に座れた。
私は「中華そば」を注文。
中華そば

大きな背脂・・うまそう(笑)
醤油ベースの魚介だし・・・鳥ガラメインかな?
コシのある平打ち麺
・・・美味い・・・
でも、このスープ、何かに似ているような気もする。
あ、「チキンラーメン」だ。
と書いては失礼なので・・・この辺で。
行って良かった。美味しかったです。

さて、ラーメンも食べたし、帰るか。
と、言う事で帰りは「瀬戸大橋」経由で、山陽道「福山西IC」へ向かう。
国道2号線を快調に走り、福山西ICへ。
ETCアンテナの角度もOK。躊躇なくETCレーンへ進入。
・・・・「スパっとな・・・・あれぇ???」・・・・
「悲しきETCゲート」。また開かないっ!
今度は、すぐにバイクを止めて車載機からETCカードを取り出して、事務所へ行く。
「あの?・・・バイクでETCゲートに入ったんですが、車載機が認識しなくてゲートが閉じたままでした。すいません・・・」

職員「そうなんですか?おかしいですね・・・」
と、二輪での「自主運用」には一切お咎め無し。
オマケに「再進入してみて下さい」と誘導までしてくれました。
2度目もNG。
私は「バイクに取り付けたアンテナの角度が悪いんでしょうか?」と聞くと・・・
職員は「いや、少々角度なんかズレてても認識するはずなんですが」との事。
もちろん、アンテナを動かして無いので、大きくズレても無い。
この状態で、向島料金所は通過出来たので、まったくの謎。

開かないゲートの前で、通行券を頂き、再び出る際は「降りるICで普通に一般ゲートから通行券とETCカードで清算して出て下さい。お役に立てなくて申し訳ないです」と、物凄く丁寧な対応をしてくれました。
悪いのは、こっちなんですが・・・・

気を取り直し、休憩を入れながら山陽道?瀬戸大橋経由で与島PAへ。
瀬戸大橋

ここって本線に入る前に検札があるんだよね。
上り、下り線共通のPAだからかな?
ETC車もカードを車載機から取り出して見せてくださいと書いてある。
今回、福山西ICでETCゲートを通過出来てたらエンジン止めて、リヤのコブ外して車載機からETCカードを取り出して・・・た、大変だぁ。今回だけ、ある意味良かったかも(笑)

高松道経由で徳島へ。

お疲れ様でした。
ゴタゴタあって疲れた一日でしたが、良い経験になったと思います。

本日の総走行距離・・・500km
平均燃費・・・18.0km/l(アクセル開けすぎ)
尾道ラーメン


また、ETCの通信エラー対策考えます
スポンサーサイト


コメント

  1. kazunao | URL | -

    いつも楽しく拝見しています。SC54乗りです。
    ETC自主運用検討しているので大変参考になります。
    ETC通信エラーですが、HIDと同じようにETCアンテナ
    ケーブルをシールドチューブを通してみてはいかがでしょうか?
    車と違ってエンジンの近くを通さなければならないので
    ノイズが入ると思いますので。。違うかな?・・

  2. Gang!! | URL | 7y1.FrNg

    こんにちは^^

    シールドチューブも考えたんですが、元々アンテナ線はテレビの同軸ケーブル等と同じ様にシールドチューブ仕様(アンテナコードをよく見ると、被覆の下にメッシュが見えます)なので大丈夫かな?と思っていました。

    今回、アンテナ貼り付け位置を変更しましたので、もう一度テストしてみるつもりです。NGなら・・・どうしよ(笑)

  3. kazunao | URL | -

    カード抜き必要のある検札場所ってどのくらいあるんでしょうね?シート下にしまってしまうと大変だこりゃw
    秋には本運用始まるようですが、そのへん考えてくれてるんだろうか。。

  4. Gang!! | URL | 7y1.FrNg

    Uターンが可能な所、本四連絡橋道路の大きなSAは、与島SAと淡路SAだったかな?こういう場所では検札有るんでしょうね。

    最近、公団民営化に伴って料金の支払い区分がややこしくなっていますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stgang.blog66.fc2.com/tb.php/10-46ab9ba1
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。