カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならHayabusa そして・・・

2007年06月30日 23:20

20070630223524.jpg
ハヤブサさんとお別れの日です。

危なかった時もあったり、かっ飛ばして気分爽快にしてくれたり色々、
楽しい思い出、今までありがとうございました。
慎重に運転してバイク屋に向かいました。着く前に一言だけ「ありがとう」と。

そして・・・新しい相棒「MT-01」との対面。
憧れの大排気量Vツイン。これからはコイツと付き合って行きます。

K下氏と待ち合わせ。慣らしツーリングに付き合ってくれました。
「マグロ丼」の美味しい県南のお店までマッタリと。
20070630223540.jpg
予想以上にハイギヤードで、街中でのギヤ選択にとまどいました。
ミラーもブレブレ(笑)これも「味」でしょうね。ポジションは楽チン。
振動がガンガン手に伝わってきますが、不快な振動じゃないので
手の痺れなどは意外とありません。
200km程度と、まだ少ししか走っていませんがMT-01、とても気に入りました。
70km/h巡航で5速1,600rpm?・・・乗用車みたい。
燃費・・・20km/Lでした。
スポンサーサイト

エアーアクセスシューズ

2007年06月28日 21:19



夏用にと買ってみました。
先日のツーリングに使ってみたのでインプレを。

涼しさだけで言えばナイロンメッシュシューズが上・・・です。
当然ながら穴が少ないしね。その分、冬以外で使えそうです。
メッシュシューズは踵部分にエンジンから抜けてきた熱気が篭るような感じがして気になっていましたが、コレはそうなりません。
ヒールベンチレーションが効いているのか・・・?

履き心地はとっても宜しい。ピッタリフィット。
クルマの運転にも良さそうですね。
シフトレバーが当たる所にゴムの突起がありますがサイド(マシンのヒールガードが当たる部分)にも同じ様なのが着いていて踵でマシンホールドしやすいです。
20070628210111.jpg

Last hayabusa

2007年06月26日 20:55



ハヤブサで最後のツーリングへ
足を伸ばして県外へとも思ったけど、ムシ暑かったのと足の怪我を押して来たので
ムリせず、いつもの所へ。

マフラーとフェンダーレス以外、全部ノーマルでの乗り味。
クラッチ・・・これはもう、ブレンボラジアルマスターは偉大だった。
ハンドルのウエイトバー・・・微振動で手が痺れまくり。
ノーマルシート・・・乗り心地は良いけど、やっぱり前にズレてくる。

70km/hを上限で走ってると・・・の話。
それ以上では結構快適なんだけどね。
ただ、交通量のある一般道を走っている限り無理。
ノーマルステップ。これ、意外と良かった。こっちの方が好みかな。

タイヤのサイドをガンガン使って走り込んできました。
今までありがとうhayabusa。

ある日突然

2007年06月25日 15:16



え?、もうすぐコイツに乗り換える事にしました。
ハヤブサを手放すのは、ちょっと惜しいけど。

ホントは、XV1900A ミッドナイトスターの現車を見て跨ってみて、圧倒的な存在感に
ヤラれて「こんなのに乗ってみたいなぁ」と契約しかけたんですが、一度家に帰って、
もう一度よく考えて、ハンコを持って買うつもりでバイク屋へ。
その時に、偶然にもMT-01が整備で入庫してて。
なんと言うタイミング。偶然にもホドがある。

MT-01、気になっていたものの、現車を見ずに(走っているのを見た事も無かった)
買うのはどうかと思ってXV1900Aを買うつもりだったけど、まさに運命的な出会いを
してしまいました。

「クルーザーに乗るのはちょっとマテ!」と神様からのお告げ?

こういう事を大事にする性格?なので、即決。

以上、よろしくお願いします。
来月1日からから、ブログのタイトル、変わります。


二輪車安全運転徳島県大会

2007年06月16日 20:42

同級生M君が「二輪車安全運転徳島県大会」に出場すると言うので見学に行ってきました。

参加人数は少なめながらも、少数精鋭。エキスパートの集まり。
抜群の低速バランス、メリハリの効いたアクセルワーク、人車一体となり、持てる技術をフルに駆使しながらポイントを争う競技。
上位入賞者は8月に鈴鹿で行われる全国大会への出場権を得る事に。
20070616122208.jpg
03 Z1000。

丁度10年前。ここで私と一緒に一発で限定解除した時期と重なって、懐かしく感じました。
練習しまくって1本橋平均30秒、スラローム4秒台。あの頃のテクがあれば上位入賞も夢ではないのでしょう。
今年初トライと言う事で、緊張もあったりで。
結果は伴いませんでしたが、来年に向けて闘志を燃やしていました。

来年、ハヤブサで出場ヨロシク!と言われましたが「・・・・」とだけ(笑)
20070616122220.jpg

ナイトロッドに乗ってみた

2007年06月11日 02:17

日曜日、少しY川氏のナイトロッドに乗る機会があったので、
試乗させてもらいました。

跨ってのバック・・・重っ・・・300kg超えの重さは覚悟決めないと。
シート高が低いので足つきはイイんだけど、足を降ろした位置に張り出したステップがあって邪魔・・・スポスタもそうだったっけ。
20070611014333.jpg
写真と記事は関係ありません(笑)

1速に入れて走り出す。
「トトトッ」とパルス感を伴いながら&エンスト寸前?の狭間で走り出す。
でも、Y川氏が言うほどトルクが無いとも思えず、そこそこ。
Vツインでも高回転型エンジンなので、低速はやっぱり弱いと言えば弱いかな?

早めにシフトアップして・・・これは間違いだった。
スロットル開けてもツイて来ない。ガクガクしそう。
40km/hで流す時、2速か3速しか使えず。
50km/hまで上げると3速?使えそう。
自分の感覚と大きくズレるのが、ギヤの選択だった。
とは言え、実用上は問題無いんだけどね。

得意とする高回転まで引っ張っての全開加速も試してみました。
CB1300SBの加速と同じような感じ。標準的な「気持ちが良い加速感」。
パルス感を伴って速度が上がっていくので「楽しさ」ではナイトロッドが上かな?
CB1300はモーター感覚だったから。
絶対的な速さはCB1300が少し上。中間域のトルク感の違いと思います。
最大出力より実用域のトルク。

ミッドステップに違和感を感じました。ナイトロッドには高速巡航用のフットペグが前方にあって、ここへ足を乗せて走るとしっくり来る。ハンドルを変えてあって手前に引いているポジションなので、余計に違和感あったのかもしれないです。


シブい!ナックルヘッド

2007年06月08日 16:04

詳しくは知らないけど、1942年ナックルヘッド。

確か、鉄シリンダー・・・と思う。
フットクラッチ、ハンドシフトってシブイなぁ。

コイツに乗るにゃ、恥ずかしがらずに手信号!



サウンド

2007年06月08日 14:58

この音

いわゆる3拍子ってヤツですね

インジェクションになった今では絶対出ない音・・・

ゆったりアメリカン

2007年06月07日 18:04

最近、少しクルーザーが気になってます。
ゆったり乗れて、楽チンなバイクに少し憧れたりして。
今まで見向きもしなかったけど、食べず嫌いだったのかな?
それと、チンタラ走るワケじゃ無いけど、もう少しツーリングスピードを抑えたいのも本音だったりして。
今のままでは、免許がいくつあっても足りない・・・・?
ツアラーやネイキッドを乗ってきて・・・クルーザータイプは乗ったコト無い。

例えばこんなの・・・・
とか・・・・今日、目の前を走って行ったこんなやつ
でもまぁ、「知る」事は悪くない。
「買う」事は出来ないかもしれない・・・けど(笑)

[ 続きを読む ]

XL1200Rに乗ってみた

2007年06月01日 10:35

スポスタを買ったY田君とツーリングに行きました。
交通の流れに乗ったのんびりツーリング。
ハヤブサにゃチト辛いスピードだけど(笑)

スポスタ。
どれくらい距離が伸びたか聞くと、まだ200kmチョイ?
すっかり盆栽と化していたようで。
マフラー、ステップ、ハンドル・・・と、早くも色々弄って、まぁそれも楽しみの一つなんだけどね。
20070601094616.jpg
「ズドドドドド・・・」・・しかしイイ音を奏でながら走るなぁ。
トンネル内や信号発進の際、我がハヤブサの音は、ほとんどかき消されていた。

・・・・・「ちょっと貸してみそ」・・・・・

跨って引き起こす。・・・うっ、ハヤブサより断然軽い・・・
エンジン始動!「カッシャカッシャ・・ドン!ドルッドルッドルッ」
ギヤを1速へ。ゆっくりクラッチミート。「トトトトッ」と軽く走り出す。
フロントブレーキ・・・効かん。まだアタリが着いてないので注意。

アップライトなポジションのバイクに乗るのはCB1300以来。
いやぁ、気持ち良いもんだ。鼓動を感じながら走るのって、こんなにも?
速めにシフトUPしていってトルクで走る。
当然ハヤブサみたいなパワー感は無いけれど、なんだろう?この気持ち良さは。
コーナー進入時や旋回初期は接地感みたいな感じは薄いけど、倒し込みは軽い。
脱出時はリヤのトラクション感覚が分かりやすくてイイ。
慣れてくるとタイトコーナーでもハヤブサに置いて行かれないペースで攻められるかも。
あまりにも楽しくて調子こいて走ってるとバンク中に「ガサッ」・・・んっ?ドコか擦った?

帰って確認するとチタンのエキマニ・・・擦ってたぁ!
ゴメンねぇ・・(笑)

しかし・・・・イイ!欲しくなって来た・・マズイ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。